Blog&column
ブログ・コラム

美術館のマナーってどんなの?知っておきたい基本マナー

query_builder 2021/01/21
コラム
people-art-london-people
多種多様な絵画やオブジェなのどアートを楽しめる美術館。
滅多に見られない作品や色んな感性に触れられる場所です。
しかし、あまり馴染みのない方の中には、「携帯NG?」「写真はいいの?」などマナーを気にされる方も多いのではないでしょうか?
今回は知っておきたい「美術館のマナー」について紹介します。

▼基本的な美術館のマナー
・展示物に触れない
基本中の基本です。触れてしまうことによって傷がついてしまったり、皮脂の付着によって作品が変色してしまう可能性があります。
額装にも触れないようにしましょう。
・大声で話さない
素敵な作品を目にすると、興奮してしまい大声を出してしまう場合もありますよね。
しかし、美術館に訪れている方の中には「静かに作品を楽しみたい」「作品に集中して観たい」と思う方もいます。
話をしたい場合は、他の方にも配慮して声のボリュームを落として話しましょう。
・写真撮影しない
著作権保護やフラッシュによるアートへのダメージを防ぐため、写真撮影は基本的に禁止です。
しかし、中には写真OKの美術館や撮影スポットを設けている美術館もあるので、分からない場合にはスタッフに確認しましょう。
・飲食しない
飲食はもちろんダメですが、実は飴やガムなどの飲食も禁止です。
これは、飴やガムの成分がくしゃみや咳などによって、作品に触れるのを防ぐためです。
薬として飴を口に含みたい場合は、事前に相談しましょう。
▼意外と知られていない美術館のマナー
・大きな荷物を持ち込まない
大きな手荷物がある場合は、受付で預かってくれます。
・音が気になる靴やアクセサリーの使用
アートを静かに楽しむためのルールです。じゃらじゃらのアクセサリーやカツカツ音のなるヒールは控えましょう。
・花や植物を持ち込まない
花や植物に付着した虫が、アートを汚してしまう可能性があります。
受付に預けましょう。
▼まとめ
美術館のマナーは、アートを後世に残していくための大切なルールです。
展示物の種類によってルールが多少違う場合もあるので、気になる方は美術館スタッフに確認するのがおすすめです。
ルールを守って美術館を楽しみましょう。

NEW

  • 長崎南山手で出会った猫(長崎市山下南風美術館)

    query_builder 2020/12/09
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • 美術館のショップでしか買えない人気グッズをご紹介

    query_builder 2021/10/15
  • 版画家で有名な山下南風についてご紹介

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE