Blog&column
ブログ・コラム

美術館の作品をSNSにアップすることはできる?

query_builder 2021/01/25
コラム
architecture-art-building-ceiling
美術館で心打たれる作品を見たとき、思わず写真を撮ってSNSにアップしたくなりますよね。
しかし同時に、著作権の侵害になるのではないかと思う方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、美術館の作品をSNSにアップすることはできるのか解説していきます。

▼美術館によって撮影に関する規定は異なる
ほとんどの美術館では撮影に関する規定があり、撮影禁止の条件も美術館によって異なります。
たとえば、館内は全面撮影禁止の美術館もあれば、フラッシュや三脚を用いての撮影は禁止という美術館もあります。
また、作品によっては撮影しても良いものもあり、そういった場合は「撮影OK」などの張り紙がしてあることが多いので、撮影しても大丈夫かどうか確認してから写真を撮りましょう。

▼美術館で撮影禁止の理由
ほとんどの美術館では撮影禁止となっていますが、その理由は何なのでしょうか。
まず1つ目に考えられる理由は、著作権の侵害にあたるからということです。
美術館の作品を写真に撮ってSNSにアップしたり、撮った写真を個人でグッズにしたりすると著作権の侵害になります。
そして2つ目の理由は、他の方の迷惑になるからです。
美術館と言えば静かなイメージがあると思いますが、美術館を訪れる方は美しい芸術に触れることで心を落ち着かせたり作品に浸りたいと思っているでしょう。
そこで大きな撮影音を鳴らしたり撮影に夢中になって他の方とぶつかったりすると、多くの方の迷惑になりトラブルが起こることも考えられます。

▼まとめ
美術館の作品を写真に撮ってSNSにアップしたいという方も多いと思いますが、美術館の規定を守って正しく作品を鑑賞しましょう。
長崎に来られた際は、ぜひ山下南風美術館にお立ち寄りください。

NEW

  • 長崎南山手で出会った猫(長崎市山下南風美術館)

    query_builder 2020/12/09
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • 美術館のショップでしか買えない人気グッズをご紹介

    query_builder 2021/10/15
  • 版画家で有名な山下南風についてご紹介

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE