Blog&column
ブログ・コラム

風景画の水彩の描き方とは

query_builder 2021/02/15
コラム
paint-hand-watercolor-paper
風景画を描きたいけど、難しそうと思って描くのを断念したという人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、風景画の水彩の描き方についてご紹介します。

風景画の水彩の描き方
風景画を描く手順は、描きたい絵を選んで、画用紙に下書きをし、色を塗るというのがおおまかな流れです。
■構図で絵の骨格を作る
構図とは、書こうとしている対象物を画の中のどの部分に配置するかを考えることを言います。
画の骨組みとなる大切な要素です。
構図がしっかりとしていないと技法や着色がどんなに良くても、不安定な作品となってしまいます。
構図の決め方はさまざまですが、風景画を描くときは近景・中景・遠景・遠近法を意識して対象物の位置を決めましょう。
また中心となる要素を画から中心から少しずらすことで立体感が出ます。

■鉛筆で下書きをする
最初に構図を固めるうえでも下書きをすることをおすすめします。
画の中心になるよう対象を決めます。
建物は正面だと奥行きを表現するのが難しいので、少し斜めから描くと遠近法が出しやすいです。
構図が固まれば、少しずつ強めに描いていきましょう。
最初から細かに描き込まないで全体的なバランスを見ながら必要最低の描写にします。

■好みの画材で色を塗る
下書きが完成すれば、次は色塗りです。自身の作品のイメージに合う画材で色を塗りをしましょう。
空や地面、海や山など面積が大きいものから色付けします。
大まかに塗った後は、近くにある建物や木など細かい部分を塗り込みます。
色の塗り方によっては遠近感を出すと奥行きのある作品に仕上がるでしょう。
また、空気遠近法という近くにあるものほど色を薄くし、近くにあるものを鮮やかに濃く塗ることで遠近感が出てきます。

これらの風景画を描き方のポイントをおさえて、さまざまな風景画を描いてみましょう。

NEW

  • 長崎南山手で出会った猫(長崎市山下南風美術館)

    query_builder 2020/12/09
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • 版画はどんな種類がある?版画の種類について解説

    query_builder 2021/09/15
  • アートは壁にどう飾ればいい?アートの飾り方をご紹介

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE