Blog&column
ブログ・コラム

日本の切り絵作家について

query_builder 2021/03/22
コラム
mount-fuji-japan
一枚の紙を切り抜いて絵にするという繊細な技術で作成されるのが「切り絵」です。
その独特な魅力が多くの人に感動を与え、近年再び切り絵作家が注目を集めています。

今回は、日本の切り絵作家の中でも特に有名な方をご紹介します。

▼現代の切り絵作家

切り絵は古来から存在する手法ですが、現代でも多くの作家が取り入れている技法です。
有名な切り絵作家には、以下のような方います。

■長屋明

テレビや雑誌などのメディアにも数多く出演している、現代の切り絵作家の中でも最も著名な方の一人です。

ペンで描いたような繊細な表現が特徴で、まさに神業と呼べる作品が魅力です。

■大橋忍

アニメでも作品が使われることで有名な切り絵作家です。
切り絵というとモノクロをイメージする方も多いと思いますが、大橋さんの切り絵はカラフルな色彩が特徴です。
童話のような可愛らしい作風に人気が集まっています。

▼昭和時代の切り絵作家

昭和の時代にも、優れた切り絵作家が多く活動していました。
一例として、下記のような方が有名です。

・滝平二郎
・山下南風
・成田一徹
・平野庄司

滝平二郎は「モチモチの木」などの絵本でも有名ですね。
日本を代表する切り絵作家と言っても良いでしょう。

山下南風も、同時期に活躍した切り絵作家として有名です。
出身地である長崎をモチーフにした作品を多く残しており、滝平二郎と共に「日本きり絵協会」を作り、切り絵の発展に尽力した人物です。

他の方々も、昭和の切り絵文化発展に貢献された、大変功績のある切り絵作家です。

▼まとめ

今回ご紹介した作家の中で「山下南風」に興味のある方は、ぜひ長崎市にある山下南風美術館で作品を楽しんでみてください。

切り絵には、普通の絵画にはない不思議な魅力があります。
まだ詳しくないという方も、色々な切り絵作品を見てお気に入りの作家を見つけてみると、面白いかもしれませんよ。

NEW

  • 長崎南山手で出会った猫(長崎市山下南風美術館)

    query_builder 2020/12/09
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • 版画はどんな種類がある?版画の種類について解説

    query_builder 2021/09/15
  • アートは壁にどう飾ればいい?アートの飾り方をご紹介

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE