Blog&column
ブログ・コラム

版画はどんな種類がある?版画の種類について解説

query_builder 2021/09/15
コラム
bee-1299363_1280
美術館などに版画が飾られることは多いですが、版画に種類があることはご存知ですか。
どんな種類があるのか、知らない人は多いかと思います。
そこで今回は版画の種類について解説させて頂きます。

版画の種類

版画は大きく分けると4つの種類があります。
それぞれご紹介します。

■凹版(おうはん)

凹版は、彫った溝にインクを入れて紙に写す方法です。
彫り方はさまざまあり、エッチング、ドライポイント、エングレービング、メゾチントなどがあります。
彫り方によって印象が変わります。

■凸版(とっぱん)

凸版は、出っ張った板にインクを乗せて紙に写す方法です。
スタンプや判子を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
小中学校の図工や美術の授業でやったことがある人も多いと思います。

■平版(へいはん)

平版は、平らな板にインクを乗せるのですがそれだけではありません。
平版の代表と言われているリトグラフでは、インクを付けたくない場所にクレヨンを塗り、インクを弾くようにしています。
リトグラフで有名なのは、ミュシャやロートレックです。

■孔版(こうはん)

孔版は、穴の空いた板にインクを入れて紙に色を乗せる方法です。
文房具店などに売っているステンシルが身近な例でしょう。

版画の種類を知っておくと美術館が楽しくなる

版画の種類は4つほどご紹介しました。
これまでなんとなく美術館で版画を見ていたけど、今回ご紹介したことによって今後は違った視点で版画を見られるのではないでしょうか。
長崎市にある山下南風美術館では、版画家として有名な山下南風作品が見られます。
長崎市へ訪れる際はぜひ足を運んでみてくださいね。

NEW

  • 長崎南山手で出会った猫(長崎市山下南風美術館)

    query_builder 2020/12/09
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2020/12/02
  • 美術館のショップでしか買えない人気グッズをご紹介

    query_builder 2021/10/15
  • 版画家で有名な山下南風についてご紹介

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE